- 名古屋大須ロータリークラブ

  
Rotary International District2760
  
>> Japanese  

会長方針


会長写真
 「楽しいロータリーライフ
          FUN ROTARY LIFE」


 今年度のマーク・ダニエル・マローニーRI会長は「ロータリーは世界をつなぐ」と示しました。伊藤靖祐ガバナーは、それを受け10年、20年先のロータリーを持続する為、地域社会とのつながりを持ち、従来の既成概念を抜け出す多様性と柔軟性を説かれました。

 今、ロータリーは根本からの変化を求め、新しい会員モデルへ新しい会員が入会、新しい組織作りをしていく必要があることが求められています。先ごろの規定審議会で以下のことが認められました。(抜粋)
  ・例会日と時間を柔軟に決定する。
  ・必要に応じて例会を変更または取消す。
  ・奉仕プロジェクトまたは親睦行事を例会としてみなす。
  ・出席要件と出席率の悪い会員の終結に関する方針を緩める
   (または厳しくする)ために、クラブ細則を修正する。
従来では、全く考えられないクラブの変化と思われます。持続の為の方策と思います。

 本年度会長テーマとして「楽しいロータリーライフ FUN ROTARY LIFE」としました。名古屋大須ロータリークラブも35年の節目を終え、新元号と共に変化と柔軟なクラブとして未来永劫のクラブになることが大切です。

 具体的には、
 1.変化ある楽しい例会作り
 2.常に会員増強例会、若い人と女性会員を増やそう
 3.楽しい奉仕活動に取り組もう 
 4.ハワイの世界大会にみんなで参加しよう。

 毎週木曜日が待ち遠しい、いつも楽しい雰囲気の例会を夜間例会や持出しの例会を含めて実践しましょう。そこに入会希望者がいつでも参加いただける状況を作り出し楽しいクラブ、奉仕活動を見てもらいましょう。また、田崎雅三元会長が提唱するように各種趣味の会に参加していただくことも、入会の道ではないでしょうか。
 そして、年度の終わりには、新入会員と共にクラブ全体でハワイへ行きたいものです。
 一年間、会員の皆様のご指導、ご協力をお願い申し上げます。